インプラントの特徴

インプラントの選び方について

他の歯の負担がないインプラント

歯をなくしてしまった後の治療のひとつであるインプラントでは、人工の歯根を顎の骨に手術で埋めてそこに人工歯を立てます。人工歯根が顎の骨と密着しているので、噛む力が元の自分の歯に近い形で伝わり快適です。また人工歯根にはアレルギーリスクのきわめて低い素材が使われているので、歯肉の変色などのトラブルも少なく見た目がきれいです。またインプラント治療は、なくしてしまった歯1本単位で治療ができます。入れ歯やブリッジのように、残っている他の歯を削って支えとしたり、ばねを掛けるなどで他の歯に負担がかからないのが特徴です。

↑PAGE TOP

Menu